平野歩夢!世界最高峰の闘い!最高難易度『ダブルコーク1440』の連続技で勝負!

スポンサーリンク

『平野歩夢』最高難易度ダブルコーク1440を連続披露♪わずかに届かず…銀メダル♪

平昌オリンピック
スノーボード男子ハーフパイプ決勝

【スノーボード・ハーフパイプ競技】
パイプを半分に切ったようなU字形のコースを、
左右の壁から大きく飛び出し空中で様々な技を披露する。
5~6回の空中技で総合的な得点を競っていきます。

絶対王者ショーンホワイト若き勇者平野歩夢が挑みます。

この2人の闘いは、まさに世界最高峰!!

見てるこっちも熱くなりました!!

ショーンホワイト選手は1回目から高得点94.25をマーク!!

平野選手が2回目に最高難易度『ダブルコーク1440』を連発し見事成功!

95.25点を出し、ショーンホワイトを抜き暫定1位に!

ショーンホワイト選手2回目は、大技を繰り出すも失敗!

最高難易度ダブルコーク1440とは
ダブルコークは縦に2回転
1440(フォーティーン、フォーティー)横に4回転!360度×4回転=1440度

勝負は3回目で決まる!!

運命の3回目!!

平野選手、惜しくも途中で失敗!!

勝負は絶対王者ショーンホワイトの滑りで決まる!

ショーンホワイトも最高難易度を連発させ、見事に成功!!

最高のパフォーマンスでフィニッシュ!!

では、得点を!!

平野歩夢(2回目)   ショーンホワイト(3回目)
バックサイドエアーメランコリーグラブ 大技1 フロントサイドダブルコーク1440
フロントサイドダブルコーク1440 大技2 キャブダブルコーク1440
キャブダブルコーク1440 大技3 フロントサイド540
フロントサイドダブルコーク1260 大技4 ダブルマックツイスト1260
バックサイドバブルコーク1260 大技5 フロントサイドダブルコーク1260
95.25点  得点 97.75点

なんと!!

スポンサーリンク

97.75点!!

これは!これは、まさかの大逆転!!

凄いとしか言いようがない!!

最高難度を決めるしかない状況で、
それをしっかり決めての『大逆転の金メダル!!』

これが絶対王者と言われるパフォーマンスなのか!!

ショーンホワイト選手、おめでとうございます。

平野選手の滑りも立派でした!!本当にすばらい滑りでしたよ!!

銀メダル、おめでとうございます。

平野歩夢(ひらのあゆむ)
生年月日:
1998年11月29日(19歳)

出身: 新潟県村上市
2014年ソチ五輪(当時15歳)で、雪上競技では世界歴代最年少の銀メダリスト!
W杯は13~14年シーズンに初優勝!今季は2勝!!
ショーン・ロジャー・ホワイト
生年月日:1986年9月3日
出身:アメリカカリフォルニア州サンディエゴ
2006年トリノ、2010年バンクーバー、男子ハーフパイプで金メダルを獲得。
2014年のソチオリンピックでは4位!

まとめ

世界の注目が集まるスノーボードハーフパイプ決勝でした!
2人とも最高難易度『ダブルコーク1440』を連発させ成功!
すさまじい戦いでした!!

攻めの姿勢、最高のパフォーマンスに感動しました!

惜しくも金メダルを逃した平野選手ですが、
『今までイチの大会だったんじゃないかと思います』
『ちょっと悔しさは残ってます』
『楽しかった』など
コメントしています。

金メダルは逃してしまったけど、
金メダルに値する銀メダルと思います。

熱い闘いを見せてくれてありがとう。
感動をありがとう。

それでは、TRY!TRY♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする